ケータイ辞書JLogosロゴ 泉村(近代)


福島県>いわき市

 明治22年〜昭和28年の村名。はじめ菊多郡,明治29年からは石城郡に所属。玉露・泉・本谷・滝尻・下川・黒須野の6か村が合併して成立。大字は旧村名を継承。役場を大字泉に設置。泉村は旧城下町を母体とし,浜街道からそれた農村であった。「泉村は福島県に冠たる農業の先駆発達の地」(福島県石城郡案内)とあり,玉露・本谷・黒須野は野菜の栽培地として,泉・下川・滝尻は地味肥沃な水田を主とした地として知られていた。明治30年の常磐線開通によって小名浜・江名の出入口として大変貌を遂げ,大正4年の磐城海岸軌道の敷設によって一層の発展を見た。昭和2年の第2種重要港湾指定と,同12年の日本水素工業株式会社小名浜工場の創設によって,同16年には小名浜臨港鉄道が敷設された。戸数・人口は明治22年419・2,880,同40年465・4,014。世帯・人口は大正9年660・3,782,昭和10年752・4,220,同22年1,190・6,526。昭和28年泉町となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7265706
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ