ケータイ辞書JLogosロゴ 泉村(近世)


福島県>原町市

 江戸期〜明治22年の村名。行方【なめかた】郡のうち。相馬中村藩領。中郷に属す。村高は,明暦2年888石余(相馬藩政史),正徳元年の郷村高辻帳(県史9)では600石余,「天保郷帳」1,185石余。なお「元禄郷帳」では当村の枝郷として北泉村が併記されている。枝郷北泉村は承応3年に分村したという説(奥相志/相馬市史4)と明暦2年検地の時に分村したとする説(相馬藩政史)があり,明暦2年の村高は117石余(相馬藩政史)。「天保郷帳」では「古者泉村・北泉村」と注記されている。「旧高旧領」では804石余。古来当時軒別増減による当村の家数は,宝永年間135軒・天明3年84軒・嘉永元年50軒,北泉村は宝永年間50軒・天明3年39軒・嘉永元年22軒(県史9)。「奥相志」には「海岸は絶壁,泉崎といひ又大磯ともいふ。南に川あり泉川といふ。海口を泉港といふ。浜邑といふと雖も海漁をなさず,毎秋鮭魚を川に漁す」とある。寺院は慶長3年の開山とされる曹洞宗東泉寺,ほかに真言宗正福寺がある。寺仏堂東光院には徳一作と伝えられる十一面観音があり,相馬三十三観音巡礼の10番札所となっている。鎮守は出羽神社。磐前【いわさき】県を経て明治9年福島県に所属。戸数・人口は,明治13年65・513(県統計書),同20年71・573。明治12年行方郡に属し,同22年高平村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7265710
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ