ケータイ辞書JLogosロゴ 和泉田村(近世)


福島県>南郷村

 江戸期〜明治22年の村名。会津郡のうち。古くは伊北郷に属した。はじめ会津領,寛永20年からは南山御蔵入領。和泉田組に属す。村高は,文禄3年の蒲生高目録では387石余,文化15年の村日記(県史10下)および「天保郷帳」「旧高旧領」では710石余。端村に乙沢がある。天明8年の家数112軒・人数416,うち明家7軒(御案内手鑑/馬場家文書)。化政期の家数89軒,ほかに乙沢の家数19軒(新編会津)。天保9年の人数487(御手鑑/長谷部家文書)。しばしば伊南川による水害の被害を受けたが,当村は伊南川流域でもっとも耕地が多く村高は最高であった。麻を産し,養蚕が行われ,在村の商人が成長している。和泉田組の郷頭居住地であった。用水は伊南川から取水する稲場堰,開削年代は不明。神社は八幡宮・石神社など,寺院は曹洞宗大泉寺。村内に本組の米を納める米倉があった(新編会津)。若松県を経て明治9年福島県に所属。同10年小野島村を合併。戸数・人口は明治8年105・543(若松県地誌資料),同20年115・630。明治12年南会津郡に属し,同22年富田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7265728
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ