ケータイ辞書JLogosロゴ 板橋村(近世)


福島県>白河市

 江戸期〜明治22年の村名。白河郡のうち。はじめ会津領,寛永4年からは白河藩領。検地は慶安3年。村高は,文禄3年の蒲生高目録では509石余,古領高長では670石余,「天保郷長」「旧高旧領」ともに672石余。化政期の家数47軒。助郷は奥州街道白坂宿および城下白河町に出役。鎮守の湯泉八幡宮はかつて温泉が生じた頃の名残という。寺院は真言宗極楽寺(白河風土記)。旧福島県を経て明治9年福島県に所属。同20年の戸数57・人口313。明治12年西白河郡に属し,同22年五箇村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7265766
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ