ケータイ辞書JLogosロゴ 稲村(近世)


福島県>喜多方市

江戸期〜明治8年の村名会津地方北部,田付川東岸に位置する耶麻【やま】郡のうち会津藩領小田付組に属す村高は,文禄3年の蒲生高目録では769石余,文化15年の村日記(県史10下)では770石余,「天保郷帳」782石余,「旧高旧領」726石余寛文5年の村高807石余,家数38軒・竈43,人数は男140・女107(小田付組土地帳/会津風土記風俗帳1)化政期の家数50軒(新編会津)肝煎は村岡氏の世襲で,天正年間ごろまで蘆名小太郎盛保が住んだと伝える館跡に住居する(同前)鎮守は常陸国鹿島郡からの勧請と伝える鹿島神社村内に地蔵堂がある物産は北方【きたかた】表と呼ばれる畳の表・小ござで,当村と東隣の上田【うわだ】村で多く生産される(新編会津・小田付組土地帳)明治8年小荒井村ほか3か村と合併して喜多方町となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7265816
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ