ケータイ辞書JLogosロゴ 入田付村(近世)


福島県>喜多方市

 江戸期〜明治22年の村名。耶麻【やま】郡のうち。会津藩領。小田付組に属す。村高は,文禄3年の蒲生高目録では1,149石余,文化15年の村日記(県史10下)では1,173石余,「天保郷帳」1,164石余,「旧高旧領」1,175石余。端村に二間在家・杉山・沼尻・平沢・大川入新田・本小屋がある。寛文5年の村高1,202石余,家数42軒・竈51,人数は男129・女111(小田付組土地帳/会津風土記風俗帳1)。化政期の家数は本村39軒・二間在家8軒・杉山18軒・沼尻10軒・平沢43軒・大川入新田14軒・本小屋【もとこや】5軒(新編会津)。また出羽国米沢領との国境近い山の中に沼原【ぬまのはら】という木地小屋があり,寛文5年の家数11軒・竈12,人数は男40人・女30人であったが用木を切り尽くし,寛文5年耶麻郡檜原村早稲小屋へ移住した(小田付組土地帳)。本小屋の北にある大峠は米沢領出羽国塩地平村へ通じ,路幅の狭い難所で牛馬は通行できない(新編会津)。神社は鹿島神社・貴船神社。杉山には伊勢宮,平沢には十二神社がある。寺院は浄土宗大悟山光徳寺・平沢山正福寺・紫雲山清滝寺。ほかに不動堂がある。若松県を経て明治9年福島県に所属。同20年の戸数149・人口844。明治12年耶麻郡に属し,同22年岩月村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7265863
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ