ケータイ辞書JLogosロゴ 牛沢(中世)


福島県>会津坂下町

 南北朝期から見える地名。河沼郡のうち。観応3年5月21日の真壁政代薄景教軍忠状(真壁文書/県史7)に「河沼郡金河浜崎城,次蜷河庄政所楯,至同牛沢城堤次郎左衛門尉討治之時」と見え,真壁政代薄景教が三浦若狭守に属して会津各地の城を攻め,牛沢城に堤次郎左衛門尉と戦っている。応永21年11月3日に塔寺八幡宮において遷宮が行われたが,儀式に参加した人々の中に「牛沢大夫五郎」の名が見える(塔寺長帳/続群30上)。村内にある館跡は,昔いつのころにか佐原右馬允包盛,のちに佐瀬上総某という者が住んだと伝える(新編会津)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7265957
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ