ケータイ辞書JLogosロゴ 大寺村(近世)


福島県>磐梯町

 江戸期〜明治8年の村名。耶麻郡のうち。会津藩領。川西組に属す。「新編会津」にかつて大寺村・本寺村は1村で尾寺または大寺と称したとある。村高は,文禄3年の蒲生高目録では1,096石余,文化15年の村日記(県史10下)では997石余,「天保郷帳」1,046石余,「旧高旧領」では上分・下分に分かれ,大寺村上分614石余・大寺村下分508石余。端村に沼田新田,小名に小中野がある。化政期の家数本村74軒・沼田新田2軒・小中野2軒(新編会津)。享和3年の家数77軒,うち寺1・郷御蔵3・御休所1(地志扁集)。当村は二本松街道の宿駅であり,また,恵日寺の門前町として栄えた。村内に高札場があった。寺は寛永年間栄存が草創したと伝える新義真言宗能満寺(新編会津)。同寺境内には虚空蔵堂がある。神社は山神社。村内に天正17年討死にした金上遠江守盛備の墓がある。明治4年の戸数・人口は上分41・244,下分41・214(若松県人員録)。明治8年本寺村と合併して磐梯村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7266234
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ