ケータイ辞書JLogosロゴ 大原新田村(近世)


福島県>猪苗代町

江戸期〜明治8年の新田村名会津地方東部,酸川北岸に位置する耶麻【やま】郡のうち会津藩領川東組に属す村の成立については「寛文中,肥後守正之,命じて岩弓堰を鑿り,酸川野村より四軒の百姓を移して,其境内の原野を墾かしむ」とある(新編会津)村高は,享保3年210石余(小林家文書),文化15年の村日記(県史10下)では230石余,「天保郷帳」233石余,「旧高旧領」236石余享保3年の家数42軒・人数175,馬23,文化3年の家数24軒・人数85,馬16(小林家文書)化政期の家数23軒(新編会津)肝煎は古くは小平潟家,のち菊地家猪苗代三十三観音外2番の札所観音堂と地蔵堂がある鎮守は大山祇神社明治元年10月村役人排斥の一揆で休役となった肝煎は,12月に帰役願いを民政役所へ提出した(小林家文書)明治8年酸川野村・木地小屋村と合併して若宮村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7266282
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ