ケータイ辞書JLogosロゴ 大桃村(近世)


福島県>伊南村

 江戸期〜明治22年の村名。会津郡のうち。古くは伊南郷に属した。はじめ会津領,寛永20年からは南山御蔵入領。古町組に属す。村高は,文禄3年の蒲生高目録では77石余,寛文6年の村々改帳では76石余,「天保郷帳」「旧高旧領」でも76石余。寛文6年の年貢は免4.4で,金10両余・銀13匁余(村々改帳)。同年の家数19軒・人数122,馬2(同前)。化政期の家数25軒(新編会津)。耕地が狭く,水利も悪く,寛文6年には耕地は畑のみで反別13町余,物産は養蚕6両・瀑布織12両・麻8両など。神社は駒檜神社・三島神社。南部に大桃滝(現鱒滝)があり,鱒をとる滝役金1分銀4匁を納めた(村々改帳)。南部に温泉(現小豆温泉)がある(新編会津)。若松県を経て明治9年福島県に所属。明治20年の戸数31・人口129。明治12年南会津郡に属し,同22年大川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7266314
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ