ケータイ辞書JLogosロゴ 小島村(近世)


福島県>川俣町

 江戸期〜明治22年の村名。伊達【だて】郡のうち。はじめ会津領,寛文4年幕府領,延宝7年福島藩領,天和2年幕府領(元禄16年からは川俣代官所支配),延享4年磐城平藩分領,安永8年幕府領,寛政2年磐城平藩分領,文化2年幕府領,文化3年からは下手渡藩領。村高は,文禄3年の蒲生高目録で849石余,古高新高帳では1,475石余,「天保郷帳」1,521石余,「旧高旧領」1,530石余。慶長年間の邑鑑によれば,家数132軒(うち役家51)・人数310,物産は桑木・柿木・楮(県史9)。天明8年の家数181軒・人数820・馬数68(巡検手鑑)。寺院は天正5年創建といわれる浄土宗梅松寺,曹洞宗興隆寺。鎮守は御霊神社・熊野神社・伊豆神社。明治初年の村誌によると男は「農桑」を業とし,女は「皆養蚕・製糸・織絹に従事」した。旧福島県を経て明治9年福島県に所属。同年の戸数238・人口1,282,馬98(二郡村誌)。明治20年の戸数226・人口1,464。明治12年伊達郡に属し,同22年小手村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7266424
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ