ケータイ辞書JLogosロゴ 落合村(近世)


福島県>伊南村

江戸期〜明治10年の村名檜枝岐【ひのえまた】川と舘岩川の合流点に位置する会津郡のうち古くは伊南郷に属したはじめ会津領,寛永20年からは南山御蔵入領古町組に属す村高は,文禄3年の蒲生高目録では30石余,寛文6年の村々改帳では45石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに46石余村名は2つの川が合する地点に当たることによるという(村々改帳)寛文6年の家数9軒・人数44(同前)化政期の家数18軒(新編会津)山地が川に迫り,寛文6年の耕地は畑のみで反別9町余,年貢は免2.1で,金2両余・銀15匁余,物産は養蚕2両・瀑布織3両・麻3両など(村々改帳)神社は天満宮(菅原神社)・日光神社明治8年の戸数17・人口76(若松県管内地誌資料)若松県を経て明治9年福島県に所属同10年内川村と改称
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7266471
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ