ケータイ辞書JLogosロゴ かな川(中世)


福島県>塩川町

 戦国期から見える地名。耶麻【やま】郡のうち。天正17年6月5日磨上【すりあげ】原の戦いで蘆名義広を破った伊達政宗は,翌6日金川・三橋へ兵を進め(天正日記),同年10月19日の伊達政宗知行宛行状で「かな川」ほか,三橋・塩川・別符・浜崎の5か村を片倉小十郎景綱へ与えている(反町文書/県史7)。東部にある駒形山は磨上原の戦いの後,伊達政宗が陣をしいたところであるという(新編会津)。中央部にある館跡は石井丹波守平盛秀が築いたと伝え,館中【たてのうち】という地名が残っている(同前)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7266705
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ