ケータイ辞書JLogosロゴ 上川前村(近世)


福島県>北塩原村

江戸期〜明治8年の村名上河前とも書く会津地方北部,大塩川支流大谷川沿岸に位置する耶麻【やま】郡のうち会津藩領小沼組に属すもとは大塩村の端村で,寛文年間に分村して成立(新編会津)村高は,文化15年の村日記(県史10下)で164石余,「天保郷帳」174石余,「旧高旧領」175石余村名の由来については「新編会津」に「大谷川の前に当て川上にあり故に名つけり」とある化政期の家数22軒(新編会津)鎮守は山神社小岩山巌松寺は永正年間に僧盛源が中興し,慶安年間に僧宥意が高野山に登り真言の密法を受けてのち真言宗となる(同前)明治8年大塩村に合併
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7266871
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ