ケータイ辞書JLogosロゴ 上郡村(近世)


福島県>桑折町

 江戸期〜明治22年の村名。伊達【だて】郡のうち。はじめ会津領,慶長6年出羽米沢領,同8年米沢藩領,寛文4年幕府領,延宝7年福島藩領,天和2年幕府領,寛保2年白河藩領,慶応2年からは棚倉藩領。はじめ上郡山と称したが,天和年間頃改称したと思われ,「元禄郷帳」には上郡村と見える。村高は,文禄3年の蒲生高目録では1,643石余,「天保郷帳」1,539石余,「旧高旧領」1,538石余。なお古高新高帳によれば,寛文15年と推定される上杉氏の検地では1,931石余,寛文・延宝期の幕府領検地では1,526石余。慶長年間の家数39軒・人数106(邑鑑)。元禄11年から短期間ではあるが,当村に陣屋が置かれ,代官窪田長五郎が上郡村・万正寺村・北原村・茂庭村・中野村・四箇村・佐場野村・大笹生村の8か村・7,000石余を支配した(信達両郡古来書)。安永元年には蚕種本場17か村のうちに入った(桑折代官布施孫市郎書付)。文政8年の蚕種冥加金は永804文1分であった(御用留帳)。また文久元年の「蚕種銘鑑」には蚕種製造家として八巻藤兵衛・八巻弥六・八巻吉之丞・大槻万之丞・大槻彦兵衛・大槻儀兵衛・安彦弥兵衛の7名が見える。嘉永7年の名主は八巻九右衛門と朽木久次郎,組頭は佐久間文七と又吉であった(慈雲寺文書)。寺院は寛永年間頃の創立と伝えられる真言宗大聖寺がある。旧福島県を経て明治9年福島県に所属。同年の戸数153・人口824(二郡村誌)。同20年の戸数150・人口974。明治12年伊達郡に属し,同22年伊達崎【だんざき】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7266882
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ