ケータイ辞書JLogosロゴ 皮籠村(近世)


福島県>白河市

江戸期〜明治9年の村名中通り南部,谷津田川南岸に位置する白河郡のうちはじめ会津領,寛永4年からは白河藩領検地は慶安3年村高は,文禄3年の蒲生高目録では29石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに175石余村名は,平安末期出羽の商人橘次・信高兄弟が砂金を交易して戻る途中殺害され,群盗が兄弟の持つ皮籠を開き財宝を奪い,以後吉野宿を改めて皮籠と呼んだという奥州街道沿いの村で,白坂駅と白河城下の間にあり,南北の長さ1丁50間・幅8間化政期の家数17軒,黄金橋・金分田など橘次兄弟伝説にゆかりのある地名が残る鎮守は庭渡神社,ほかに三社八幡宮があり,橘次兄弟を相殿にまつる村の南部に梵字1字の阿弥陀石があり,湿瘡に験があるという(白河風土記)旧福島県を経て明治9年福島県に所属同年白坂村に合併
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7267074
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ