ケータイ辞書JLogosロゴ 川辺村(近世)


福島県>玉川村

 江戸期〜明治22年の村名。石川郡のうち。はじめ会津領,寛永4年白河藩領,寛保2年幕府領,天保8年幕府領と旗本松平軍次郎知行,嘉永4年からは幕府領の一部は下総多古藩分領となる。幕府領を上川辺村,旗本松平軍次郎知行を下川辺村,のち成立した下総多古藩分領を中川辺村と称したという(二瓶勇家文書)。村高は,文禄3年の蒲生高目録では988石余,古領高長では1,485石余,「天保郷帳」1,492石余,なお「旧高旧領」では常陸笠間藩領分上川辺村369石余・多古藩領分中川辺村668石余・幕府領分下川辺村339石余と見える。社寺は源頼義・義家勧請と伝える八幡神社,元亀年間の建立と伝える曹洞宗円通寺。磐前【いわさき】県を経て明治9年福島県に所属。明治6年川辺小学校創立。同13年馬競り市場開設。同20年の戸数162・人口845。明治12年石川郡に属し,同22年泉村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7267104
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ