ケータイ辞書JLogosロゴ 倉谷宿(近世)


福島県>下郷町

江戸期の下野【しもつけ】街道(別称南山通り・中奥街道・会津西街道・日光街道・今市街道)の宿駅倉谷村のうち文化15年の村高237石余(渡部家文書)領主加藤氏の寛永年間には米市が月に6回開かれ,寛文年間頃当宿が御料・私領の米商人へ便宜を図ったため,田島宿の市が衰え,双方での紛争が起き,元禄年間まで市は一旦廃止された(星家文書)享保16年酒荷の輸送をめぐり,檜枝岐村の仲付駑者と倉谷宿ほか2か宿とが争った(星家文書)また,天保9年には当宿ほか5か宿が,熨斗戸組の仲付駑者の差留願を提出した(室井家文書)
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7267365
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ