ケータイ辞書JLogosロゴ 九生滝村(近世)


福島県>平田村

 江戸期〜明治22年の村名。石川郡のうち。ただし慶安5年の検地帳には「田村郡九竜滝村」とある。はじめ会津領,寛永4年白河藩領,天和元年幕府領,寛政3年からは常陸土浦藩領。村高は,文禄3年の蒲生高目録では九滝嶽とあり490石余,慶安検地帳では441石余,「天保郷帳」454石余,「旧高旧領」135石余。寛政3年の家数30軒,うち名主1・組頭1・本百姓25・水呑3,人数127,馬15(村明細帳/阿部家文書)。神社は権現之宮,寺院は大宝院,堂宇は上蓬田村曹洞宗法伝寺の別当観音堂,中教坊の別当不動堂,ほかに中教坊があった。磐前【いわさき】県を経て明治9年福島県に所属。同20年の戸数26・人口115。明治12年石川郡に属し,同22年蓬田【よもぎだ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7267377
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ