ケータイ辞書JLogosロゴ 桑折町(近代)


福島県>桑折町

 明治22年〜昭和29年の町名。もとは江戸期からの桑折村。大字はなし。明治22年の戸数640・人口3,688。同23年に大洪水があり,阿武隈川の河道が東へ移動した。大正4年大正橋(鉄橋)が完成,同10年には桑折〜保原間に軽便鉄道が開通した(同15年に廃止)。昭和5年郡是製糸桑折工場が建設され,同7年に操業を開始した。同年桑折〜湯野間にバスが運行された。世帯・人口は大正9年756・3,733,昭和22年974・5,341。昭和30年1月1日睦合村ほか2か村と合併して現行の桑折町となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7267485
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ