ケータイ辞書JLogosロゴ 小栗山村(近世)


福島県>金山町

 江戸期〜明治22年の村名。大沼郡のうち。古くは河口郷に属した。はじめ会津領,寛永20年からは南山御蔵入領。大石組に属す。村高は,「小栗山村年貢割付状」によれば享保年間には329石余,文化15年の村日記(県史10下)338石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに338石余。小名に大穴,端村に間瀬口・箕輪田・牧場・後沢がある。化政期の家数は本村5軒・大穴1軒・間瀬口27軒・箕輪田4軒・牧場3軒・後沢3軒(新編会津)。天保13年の大石組人別家数書上帳には家数50軒・人数279の記載がある。村高の大半は畑で,河岸段丘のため旱損地が多く,作物の出来が悪く漆木3,690本を植栽(天保8年大石組村書上帳)し,上納金を得ていた。廻米・増税などを原因とする享保6年の南山御蔵入一揆は,年貢の減免などを要求し,その一部は認められたが,代わりに当村の百姓喜四郎をはじめとする首謀者6名が死罪獄門の処罰をうけている(江戸願御詮義一件御裁許被仰渡留書/県史10下)。神社は熊野神社。若松県を経て明治9年福島県に所属。戸数・人口は明治8年53・319(県資料),同20年54・331。明治12年大沼郡に属し,同22年川口村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7267508
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ