ケータイ辞書JLogosロゴ 小高林村(近世)


福島県>舘岩村

江戸期〜明治8年の村名会津地方南部,西根【にしね】川東岸に位置する会津郡のうち古くは立岩郷に属したはじめ会津領,寛永20年からは南山御蔵入領熨斗戸組に属す村高は,「会津鑑」では18石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに18石余化政期の家数20軒(新編会津)当村の西方に伊南【いな】村に通じる高畑峠がある西根川岸にあった数丈の怪石は,朝夕の陰晴に神の形を見ることができるとして,崩岩権現と称し崇敬されたという(新編会津)しかし明治18年暴風雨により崩れたと伝える神社は諏訪神社明治8年の戸数13・人口52(若松県地誌資料)同年穴原村ほか3か村と合併して宮里村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7267540
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ