ケータイ辞書JLogosロゴ さかひ(中世)


福島県>南郷村

 戦国期に見える地名。会津郡のうち。天正14年正月20日諏訪神社領収納日記(若松本二之丁諏方神社神職諏訪近江家所蔵文書)に「さかひ年貢八貫五百文にて候」,「さかひよりの手作の米ます数一こく」,「さけの数……さかひ五こく」と見え,戦国期には黒川(会津若松市)諏訪神社の社領であったことがわかる。近世初期のものと思われる諏訪社祝某契状(同前)には「いな(伊南)・いほう(伊北)のさかい(境)さか井(堺)十貫」と見える。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7267668
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ