ケータイ辞書JLogosロゴ 堺野村(中世)


福島県>新鶴村

 南北朝期から見える村名。大沼郡のうち。明徳2年5月13日の蘆名詮盛判物写(諏訪神社佐久上総所蔵文書/県史7)に「大沼郡松岸諏訪田,三貫文大沼郡堺野村内五百刈・蜷河荘萱津村内五貫文」と見える。文明18年穴沢俊家が米沢領との国境に近い耶麻郡檜原村の山間で山賊を退治した功により,蘆名盛高から大沼郡のうち境野・寺入・道知窪の3か村を与えられたという(新編会津)。村内の館跡は,戦国期に河原田豊前が住んだと伝える(同前)。河原田氏はもと蘆名家の重臣松本氏の家臣であったが,のち伊達政宗に属した(会津雑考)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7267682
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ