ケータイ辞書JLogosロゴ 境野村(近世)


福島県>新鶴村

 江戸期〜明治22年の村名。明治4〜8年には境野村北分・境野村南分に分かれていた。大沼郡のうち。会津藩領。高田組に属す。村高は,文禄3年の蒲生高目録には堺野と見え1,279石余,寛永7年の高目録(大沼郡誌)には境井野とあり1,247石余,「天保郷帳」1,606石余,「旧高旧領」では境野村南分795石余・境野村北分815石余。寛文5年の家数・人数は,本村80軒・389,端村二軒境野16軒・105,出新田13軒・57(高田組郷村万改帳)。化政期の家数は,本村68軒・端村二軒界野27軒・出新田12軒(新編会津)。二軒界野は,はじめ家が2軒あったところから名づけられたという。出新田は寛永5年の開発。弘化3年入坪堤【いりつぼつつみ】の構築を始め,2年間で完成している。神社は熊野宮・御館神社。寺院は永禄元年河原田豊前草創という曹洞宗天宗寺,浄土宗光照(正)寺。明治元年9月18日戊辰戦争のため当地は北から長州・岩国・芸州などの藩兵に攻められ,御館神社の杉に当時の弾痕が残る。明治4年の戸数・人口は,境野村南分44・244,境野村北分42・241(若松県人員録)。若松県を経て明治9年福島県に所属。同20年の戸数91・人口527。明治12年大沼郡に属し,同22年鶴野辺村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7267683
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ