ケータイ辞書JLogosロゴ 下郡村(近世)


福島県>桑折町

 江戸期〜明治22年の村名。伊達【だて】郡のうち。はじめ会津領,慶長6年出羽米沢領,同8年米沢藩領,寛文4年幕府領,延宝7年福島藩領,天和2年幕府領,元禄15年福島藩領,寛政4年からは三河苅谷藩領。はじめ下郡山と称したが,天和年間頃改称したと思われ,「元禄郷帳」には下郡村と見える。村高は,文禄3年の蒲生高目録では683石余,延享3年の巡見帳では716石余,「天保郷帳」720石余,「旧高旧領」715石余。なお古高新高帳によれば,寛永15年と推定される上杉氏の検地では828石余,寛文・延宝期の幕府領検地では712石余。安永元年の桑折代官布施孫市郎書付によると,当時当村の蚕種製造家は4,5人にすぎず,冥加金を納入するには負担が重すぎるため,蚕種製造を中止している。文久3年の名主は善兵衛(県史10)。旧福島県を経て明治9年福島県に所属。同年の戸数85・人口419(二郡村誌)。同20年の戸数78・人口531。明治12年伊達郡に属し,同22年伊達崎【だんざき】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7267989
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ