ケータイ辞書JLogosロゴ 下糠田村(近世)


福島県>月舘町

江戸期〜明治9年の村名中通り北部,広瀬川の支流糠田川下流域に位置する伊達【だて】郡のうち古くは小手郷に属したというはじめ会津領,寛文4年幕府領,延宝7年福島藩領,天和2年幕府領(元禄16年からは川俣代官所支配),寛保2年からは白河藩領古くは上糠田村と1村をなし,額田とも書いたという(信達志)村高は,天和元年の高物成之帳では614石余,「天保郷帳」1,128石余,「旧高旧領」1,122石余村内に天正年間頃の須田伯耆守の居所と伝える月見館があり,付近を築舘と称した慶長年間の邑鑑によると,免4,家数102軒・人数296,物産は桑木・楮(県史9)養蚕が盛んであった慶応2年の信達一揆では当村も打毀にあった明治9年月舘村と改称
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7268069
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ