ケータイ辞書JLogosロゴ 下柱田村(近世)


福島県>岩瀬村

江戸期〜明治9年の村名中通り中部,滑川・神明川流域に位置するはじめ白河藩領,慶安2年幕府領,元禄11年からは旗本三枝氏知行村高は,文禄3年の蒲生高目録には柱田村と見え1,450石余,以後分村したと思われ,古領高長では下柱田村として1,406石余,「石背古事記」によれば検地は寛文13年で1,099石余,「天保郷帳」「旧高旧領」では1,110石余延宝2年の検地帳写によると田63町余,うち上田20町余・中田19町余・下田19町余・下々田3町余,畑19町余,上畑5町余・中畑6町余・下畑6町余・下々畑1町余助郷は勢至堂・長沼宿へ出役鎮守は神明社寺院は文禄元年の開山と伝える曹洞宗照光寺,ほかに六角堂があった明治9年上柱田村と合併して柱田村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7268079
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ