ケータイ辞書JLogosロゴ 下松川村(近世)


福島県>古殿町

江戸期〜明治6年の村名中通り南部,阿武隈【あぶくま】山地の南端,鮫川沿岸に位置する白川郡のうちはじめ岩城領,慶長7年幕府領,同8年下野黒羽藩領・下野大田原藩領,元和8年棚倉藩領,享保14年からは幕府領(はじめ竹貫陣屋のち塙陣屋支配)松川村が江戸初期に上松川村・下松川村に分村して成立慶長8年の常世北野村縄打には当村名が見え,正保4年の検地帳(古殿町史上)の表題には「奥州棚倉領白川郡下松川村畑方水帳」と見える村高は,宝暦11年の御巡見様御案内帳(鮫川村水野家文書)では892石余,「天保郷帳」では「古者 上松川村・下松川村・道下村・八ケ久保村・桑原村・樫木沢村・小松川村・滝平村 八ケ村」とあり松川村として1,648石余,「旧高旧領」では892石余宝暦年間の家数136軒・人数814(男468・女346),馬69(御巡見様御案内帳/水野家文書)寺院は,真言宗光松山円福寺宝蔵院・同戸倉山威徳院ほかに太子堂・馬頭観音堂など円福寺の僧によって良質の葉タバコ栽培がはじめられ,「松川葉」あるいは「松川四軒」として知られる明治6年上松川村と合併し,松川村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7268097
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ