ケータイ辞書JLogosロゴ 下湯長谷村(近世)


福島県>いわき市

 江戸期〜明治22年の村名。磐前【いわさき】郡のうち。はじめ磐城平藩領,寛文10年からは湯長谷藩領。村高は,文禄4年の検地目録(いわき市史)では「なかや村」と見え,上湯長谷村と合わせて391石余,宝暦11年の湯長谷内藤領石高記および「天保郷帳」では315石余,「旧高旧領」355石余。湯長谷藩は寛文10年磐城平藩主内藤忠興【ただおき】が三男遠山政亮に磐前・菊多2郡の本・新田1万石を分与し,湯本村に陣屋を定め立藩したのが始まり,延宝4年に当村に陣屋を移し,陣屋は台地の突端に構築され,南は天然の要害をなしている中世の館と軌を一にするものであったという。古地図によれば陣屋を中心に鍵の手形に町割がなされたが,小規模なものであった(県史3)。その後13代の領主が続き,慶応4年の戊辰戦争で湯長谷陣屋は陥落した。神社は八坂神社,寺院は真言宗智山派長徳寺。磐前県を経て明治9年福島県に所属。同20年の戸数54・人口366。明治12年磐前郡に属し,同22年磐崎村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7268142
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ