ケータイ辞書JLogosロゴ 下好間村(近世)


福島県>いわき市

 江戸期〜明治22年の村名。磐前【いわさき】郡のうち。磐城平藩領,慶長8年からは一部飯野八幡宮領。文禄年間以降よしま村が当村ほか3か村に分村して成立したと思われる(いわき市史)。村高は,文化年間の村名石附で677石余,「天保郷帳」693石余,「旧高旧領」660石余。慶長8年に,鳥居忠政は南好間村のうち50石を飯野八幡宮へ寄進したが(県史3),慶安6年の飯野八幡宮領調では下好間村のうち50石として,田地2町8反余・畑地9反余と見える。磐前県を経て明治9年福島県に所属。同12年久保町村を合併。同20年の戸数55・人口324。明治12年磐前郡に属し,同22年好間村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7268150
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ