ケータイ辞書JLogosロゴ 新屋敷新田村(近世)


福島県>新鶴村

江戸期〜明治8年の新田村名会津地方中部,会津盆地西部,鶴沼川の西岸沿いに位置する大沼郡のうち会津藩領高田組に属す元和8年新屋敷村の一部を蕎麦目村の農民が開発して成立村高は,寛文5年の高田組郷村万改帳(会津風土記風俗帳1)で207石余,文化15年の村日記(県史10下)では409石余,「天保郷帳」416石余,「旧高旧領」452石余寛文5年の家数・人数は,本村16軒・91,端村向新田11軒・67化政期の家数は,本村17軒・端村向新田17軒(新編会津)端村の向新田は,昔は赤沢川を隔てていたためで向新田と称すと伝え,また,本村を北新田,向新田を南新田ともいう村内に子安観音がある明治4年の戸数34・人口195(若松県人員録)明治8年に新屋敷村に合併
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7268266
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ