ケータイ辞書JLogosロゴ 雀林村(近世)


福島県>会津高田町

 江戸期〜明治22年の村名。大沼郡のうち。会津藩領。高田組下に属す。寛文年間に法用寺村が改称して成立。村高は,寛文5年の高田組万改帳では643石余(会津風土記風俗帳1),寛政元年の「会津鑑」では791石,文化15年の村日記(県史10下)では802石余,「天保郷帳」866石余,「旧高旧領」872石余。家数は寛文5年99軒(高田組万改帳),化政期96軒(新編会津)。正保元年から法用寺名産氷餅を幕府に献上した。明暦元年古方沼に溜地を築き用水に利用し,また掘抜堰・前坂堤・坊沢堤の工事も行われ,用水に利用した。神社は麓山神社・竜像神社。寺院は養老4年創建という天台宗法用寺,同寺は天正の頃まで坊舎16宇を数えたが,その後退転し化政期では2宇を残すのみとなった。ほかに養老4年創建と伝える観音堂があり,同堂の三重塔は宝永6年に雪で倒れ,安永9年亮椿が再建した。明治4年の戸数79,うち寺1,人口432(若松県人員録)。若松県を経て明治9年福島県に所属。明治20年の戸数84・人口451。明治12年大沼郡に属し,同22年赤沢村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7268318
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ