ケータイ辞書JLogosロゴ 磨上新田村(近世)


福島県>磐梯町

江戸期〜明治8年の新田村名会津地方北部,磐梯山の南西麓に位置する耶麻【やま】郡のうち会津藩領川西組に属す村高は,文化15年の村日記(県史10下)では560石余,「天保郷帳」599石余,「旧高旧領」612石余端村に横達新田・大曲新田・塩原新田,小名に滝原がある化政期の家数は,本村6軒・横達新田10軒・大曲新田9軒・塩原新田10軒,滝原1軒(新編会津)村内に磨上原と称する古戦場があり,「新編会津」に天正17年の磨上原合戦の模様が書かれている神社は佐良志奈神社明治4年の戸数31・人口190(若松県人員録)明治8年布藤【ふとう】村・一沢村・源橋【げんばし】村と合併して更科【さらしな】村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7268336
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ