ケータイ辞書JLogosロゴ 仙石村(近世)


福島県>古殿町

 江戸期〜明治22年の村名。白川郡のうち。はじめ岩城領,慶長7年幕府領(彦坂元正支配),同8年下野黒羽藩領・下野大田原藩領,元和8年棚倉藩領,享保14年幕府領(はじめ竹貫陣屋,のち塙陣屋支配),天保9年からは下総小見川藩分領(はじめ赤坂中野陣屋,弘化3年からは仙石陣屋支配)。村高は,天保3年の村明細帳(有賀家文書)では523石余,「天保郷帳」524石余,「旧高旧領」522石余。「元禄郷帳」では当村の枝郷として清水村が見えるが,「天保郷帳」では当村に含まれている。天保3年の家数50軒・人数253,馬34・牛6(村明細帳/有賀家文書)。寺は真言宗地蔵寺があったが廃寺となる。飯豊比売神社は明治6年以後須受売神社と改称。元禄年間に棚倉藩は藩財政の逼迫から浪人松波勘十郎を起用して年貢増徴をはかったが,元禄15年南郷竹貫63か村惣百姓が松波追放の訴状を出したため失敗に終わった(古殿町史上)。磐前【いわさき】県を経て明治9年福島県に所属。同12年の戸数50・人口318,馬数129,物産は桑・楮【こうぞ】・煙草・豆(磐城国白川便覧)。同20年の戸数61・人口386。明治12年東白川郡に属し,同22年竹貫【たかぬき】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7268408
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ