ケータイ辞書JLogosロゴ 高久田村(近世)


福島県>鏡石町

江戸期〜明治9年の村名中通り中部,釈迦堂【しやかどう】川右岸に位置する岩瀬郡のうち古くは牛袋荘川中郷に属したというはじめ会津領,寛永20年からは白河藩領村高は,文禄3年の蒲生高目録では540石余,「天保郷帳」549石余「白河風土記」には「元和年中ヨリ寛永年中迄ニ此所ニ聚居シテ戸数四十二軒両側ニ連ル」とあり,宿駅制度の整備のために新設された村落である助郷は奥州街道須賀川宿へ出役安永年間の反別は田35町余・畑11町余,家数38軒,うち高持25・無高11,寺・山伏各1で,庄屋は鏡沼村庄屋の常松与右衛門が兼帯した(村々細見記)鎮守は元亀2年箭部紀伊守の勧請という鹿島社,神社はほかに牛頭天王・愛宕社など,寺院は天台宗高照寺(白河風土記)明治9年鏡沼・仁井田村と合併して鏡田村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7268481
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ