ケータイ辞書JLogosロゴ 滝村(近世)


福島県>岩瀬村

 江戸期〜明治22年の村名。岩瀬郡のうち。はじめ会津領,寛永20年の白河藩領,慶安2年幕府領,元禄13年からは長沼藩領。村高は,古領高長では218石余,「石背古事記」によれば検地は寛文13年で604石余,うち新田分253石余,「天保郷帳」では608石余,「旧高旧領」では628石余。元禄7年の滝村同新田指出帳によれば家数73軒,うち本百姓58・水呑15,人数343,馬87。畑作として大小麦・大豆・小豆・イモ・ソバ・アワ・ヒエ・菜・大根などを栽培し,肥料は馬ごいと青草の苅敷を使用。助郷は長沼・勢至堂宿へ出役。新田の村内を会津より長沼への横道往還道が通り,年に500〜700駄の会津廻米が運送され,また会津へは,鍬・タガ・竹荷物のみが継送されていた。宝暦11年の家数62(うち水呑2・寺2),人数312,馬75。鎮守は石沼大明神。新田には八幡宮があった。真言宗清竜寺は本郷に,真言宗八幡寺は滝新田にあった。旧福島県を経て明治9年福島県に所属。同20年の戸数56・人口374。明治12年岩瀬郡に属し,同22年白方村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7268568
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ