ケータイ辞書JLogosロゴ たふらまる(中世)


福島県>喜多方市

 戦国期から見える地名。耶麻【やま】郡のうち。天文14年正月吉日写の熊野宮相撲田楽日記案(新編会津所収文書/県史7)に「十番 たふらまる」とあるのが初見で,この頃新宮村熊野宮で行われていた相撲に村の代表を送っていることが知られる。なお,新宮雑葉記所収の熊野宮相撲田楽日記案には太良丸と見える。当地の領主太郎丸入道沙弥正乗は蘆名氏の一族で,応永2年6月13日,同11年10月7日に熱塩村示現寺に所領を寄進している(示現寺文書/県史7)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7268741
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ