ケータイ辞書JLogosロゴ 寺沢村(近世)


福島県>双葉町

 江戸期〜明治22年の村名。標葉【しねは】郡のうち。相馬中村藩領。南標葉郷に属す。「元禄郷帳」「天保郷帳」ともに寺沢新田とある。村高は「天保郷帳」「旧高旧領」ともに132石余。古来当時軒別増減による家数は天明3年8軒・嘉永元年4軒(県史9)。中禅寺には康永2年藤原広重の作と伝える本尊十一面観音がある。磐前【いわさき】県を経て明治9年福島県に所属。同20年の戸数11・人口78。明治12年標葉郡に属し,同22年長塚村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7268864
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ