ケータイ辞書JLogosロゴ 遠田村(近世)


福島県>塩川町

 江戸期の村名。耶麻郡のうち。会津領。村高は文禄3年の蒲生高目録で1,682石余。当地は日橋川河岸にありながら,地形が高く水を引くことができなかったため,寛永6年肝煎喜右衛門が遠田堰を開削した。寛永年間にはこの堰をさらうために当村ほか貝沼・沖・第六天・柴城・鎧目・新明の6か村から人足が徴収されている(新編会津所収文書)。寛永19年上遠田村・下遠田村に分村(新編会津)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7268913
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ