ケータイ辞書JLogosロゴ 永田村(近世)


福島県>平田村

 江戸期〜明治22年の村名。石川郡のうち。はじめ会津領,寛永4年白河藩領,寛文2年白河藩の分家本多忠利家知行,天和元年からは幕府領。村高は,文禄3年の蒲生高目録では730石余,慶安検地帳では806石余,古領高長および「天保郷帳」ともに806石余,「旧高旧領」608石余。延享3年の村明細帳(久保木家文書)によれば家数99軒・人数385,馬61,医師1人が在村していた。また岩城から会津への大道が村内を通り,「岡御役所江二十二里余,江戸江五十八里半,白川江十里半,岩城江九里,石川江四里半,仁井町市場江二里二十五丁」とある。たびたびの飢饉による死滅や逃散により,元禄7年2戸,天明3年10戸,文化10年5戸,文政7年1戸が荒屋敷として空家になっている(関根茂編:平田村地方史総合年表)。寺院は真言宗永寿山福田寺,堂宇は愛宕堂,神社は福田寺の別当菅船大明神宮・湯殿山権現宮。磐前【いわさき】県を経て明治9年福島県に所属。同20年の戸数70・人口402。明治12年石川郡に属し,同22年蓬田【よもぎだ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7269140
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ