ケータイ辞書JLogosロゴ 中目村(近世)


福島県>塩川町

江戸期〜明治10年の村名中野目村とも書いた(大塩組風土記之帳)会津地方中部,大塩川西岸に位置する耶麻【やま】郡のうち会津藩領小沼組に属す村高は,文禄3年の蒲生高目録で617石余,文化15年の村日記(県史10下)では597石余,「天保郷帳」593石余,「旧高旧領」605石余寛文5年には,村高624石余,年貢は金44両余・米143石余,家数29軒・竈38,人数は男76・女64(大塩組風土記之帳)化政期の家数39軒(新編会津)神社は白鬚神社寺院は真言宗瑠璃光山中眼寺,同寺境内には薬師堂がある(新編会津)応永31年から塔寺長帳に蘆名氏の家臣として散見する「中目殿・仲目殿」や,「蘆名家記」に蘆名氏の重臣として天正年間に登場する中目式部大夫は当地を本領とする在地領主と推定され,地内の南館は天正年間に中目式部大輔が住した館跡と伝える(新編会津)若松県を経て明治9年福島県に所属同10年宮目村・上利根川村と合併して三吉村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7269218
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ