ケータイ辞書JLogosロゴ 中村(近世)


福島県>喜多方市

 江戸期〜明治8年の村名。耶麻郡のうち。古くは岩崎荘に属したという。会津藩領。五目組に属す。村高は,文禄3年の蒲生高目録では726石余,文化15年の村日記(県史10下)および「天保郷帳」ともに897石余,「旧高旧領」904石余。端村に堰根(関根とも書く)・下中村・百目【どうめ】がある(新編会津)。化政期の家数は本村19軒・堰根12軒・下中村16軒・百目7軒,百目の南にある二貫5軒(同前)。肝煎は瓜生氏の世襲。八方堰は堰根の北で押切川を引いたもので,中村から下流で分かれて数か村の田地を潤している(同前)。神社は熊野宮。寺院は曹洞宗円国山永昌寺。村の南部には来迎寺阿弥陀堂の跡がある。明治8年吉志田村・高畠村と合併して鳥見山村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7269258
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ