ケータイ辞書JLogosロゴ 針道村(近世)


福島県>東和町

 江戸期〜明治22年の村名。安達【あだち】郡のうち。はじめ会津領,寛永20年からは二本松藩領。針道組に属す。村高は,宝暦10年の高辻帳で791石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに812石余。海産物の搬入路,養蚕生糸の集散地としての宿駅が発達し,針道組を支配する藩の代官が常駐し貢納蔵が置かれた(県史3)。享保年間の家数204軒(積達大概録)。文政年間の畑作物の割合は桑・コウゾが6割,大豆・小豆が2割5分,ほかはダイコン・ソバなどで,農間余業は上糸・真太織(大積覚書帳)。市日は1・6日の六斎市(相生集)。天明3年の飢饉による餓死者30人(新殿村由来記/本宮地方史)。寺社は浄土宗善導寺・諏訪大明神など。天保8・10・12年に寺子屋が開かれた(県教育史5)。旧福島県を経て明治9年福島県に所属。同年小手森村と外木幡村の一部を合併。明治20年の戸数296・人口1,509。明治12年安達郡に属し,同22年市制町村制施行後も1村として存続。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7269763
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ