ケータイ辞書JLogosロゴ 東新殿村(近世)


福島県>岩代町

 江戸期〜明治22年の村名。安達【あだち】郡のうち。はじめ会津領,寛永20年からは二本松藩領。針道組に属す。村高は,宝暦10年の高辻帳で806石余,「天保郷帳」895石余,「旧高旧領」964石余。検地は正徳元年。享保年間の家数142軒(積達大概録)。文政11年の大積覚書帳によれば,畑作物の割合は桑が4割,大豆・小豆が1割5分,タバコ・当帰が1割5分,ほかはダイコン・ソバで,農間余業は紬・真太織。寺院は臨済宗福田寺など。三春街道筋に位置し,駅は枝村平石田に置かれた(相生集)。当地の農民たちは寛延2年の一揆積達騒動に加わり,長百姓寿右衛門は当村内首謀者として死罪,長百姓賀兵衛は田畑家屋敷取上領分払,長百姓藤左衛門は領分払の処分を受けている(今泉家文書)。天明3年の飢饉による餓死者57人(新殿村由来記/本宮地方史)。文化3年,天保12年,嘉永2年に寺子屋が開かれた(県教育史5)。旧福島県を経て明治9年福島県に所属。同20年の戸数119・人口643。明治12年安達郡に属し,同22年新殿村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7269826
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ