ケータイ辞書JLogosロゴ 日渡村(近世)


福島県>会津坂下町

江戸期〜明治8年の村名樋渡・日度とも書く会津地方中部,田沢川と宮川の間に位置する河沼郡のうち会津藩領牛沢組に属す村名の由来は,川をはさんで民家と九坊(坊舎)とがあり,1日に1回舟渡しをしたので日渡(度)と名付けたという村高は,文禄3年の蒲生高目録では稲川郡に属し527石余,寛文5年の万改帳では576石余,文化15年の村日記(県史10下)では610石余,ほかに牛沢組郷頭佐原家開発の新田5石9斗余,「天保郷帳」で日度として611石余,「旧高旧領」522石余寛文5年の万改帳では家数44軒・竈52・人口255,産物は米・麦・豆・粟・稗・麻・蕎麦・タバコ・胡麻など,小物成として綿役・糠藁・足前・山役,そのほか役漆木199本・役蝋4貫179匁があり,養蚕も行われていた(会津風土記風俗帳1)化政期の家数44軒(新編会津)鎮守は熊野宮寺院は曹洞宗東源寺同寺はもと高寺36坊の1つの東源坊の跡という薬師堂がある明治4年の戸数40・人口203同8年樋沖分・水島村と合併して樋島【といしま】村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7269918
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ