ケータイ辞書JLogosロゴ 堀出新田村(近世)


福島県>喜多方市

江戸期〜明治10年の新田村名会津地方北部,濁川下流西岸に位置する耶麻【やま】郡のうち古くは新宮荘に属したという会津藩領慶徳組に属す村の成立は元和3年で,耶麻郡慶徳・新宮・能力・綾金・太郎丸村など数か村の採草場を瓜生利右衛門が開いた新田である(新編会津)村高は,文化15年の村日記(県史10下)では603石余,「天保郷帳」97石余,「旧高旧領」34石余端村に重壇新田がある化政期の家数は本村7軒,重壇新田4軒,ほかに慶徳村の家2軒も雑居する(新編会津)若松県を経て明治9年福島県に所属同10年慶徳村・新宮村と合併して豊岡村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7270132
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ