ケータイ辞書JLogosロゴ 本郷村(近世)


福島県>会津本郷町

 江戸期〜明治22年の村名。大沼郡のうち。会津藩領。橋爪組に属す。村高は,文禄3年の蒲生高目録で263石余,「会津鑑」によれば寛政元年676石余,文化15年の村日記(県史10下)では1,230石余,「天保郷帳」996石余,「旧高旧領」1,328石余。端村に三日町・船場がある。化政期の家数は本村122軒・三日町18軒・船場3軒(新編会津)。従来駅所であったが,会津の領主蒲生氏の治下にこれを止め,火玉村(のちの福永村)に継がれることになった(同前)。正保2年藩は尾張国瀬戸の人水野源左衛門を招き,近傍の土を用い陶器を製造させた。以来陶業が盛んになり,村内の陶工が居住する所を瀬戸町と呼ぶようになった(会津史)。神社は羽黒神社。同社は天正年間まで蘆名氏の崇敬を受け栄えたという。明治2年宗像神社と合祀し,広瀬神社となる。寺院は浄土宗円通寺・浄土真宗本願寺派常勝寺。明治4年の戸数185・人口1,034(若松県人員録)。同8年大八郷村を合併。若松県を経て明治9年福島県に所属。同20年の戸数340・人口1,806。この頃から近代的陶磁器業が発達した。明治12年大沼郡に属し,同22年市制町村制施行後も1村として存続。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7270151
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ