ケータイ辞書JLogosロゴ 南新田村(近世)


福島県>原町市

 江戸期〜明治22年の村名。行方【なめかた】郡のうち。相馬中村藩領。中郷に属す。明暦2年新田村が当村ほか2か村に分村して成立。村高は,明暦2年505石余(相馬藩政史),正徳元年の郷村高辻帳(県史9)では356石余,「天保郷帳」629石余,「旧高旧領」270石余。なお「元禄郷帳」では「南新田村・野中新田」とあり,「天保郷帳」では「古者南新田村・野中新田」と注記されている。元禄15年の野中新田の村高272石余(奥相志/相馬市史4)。古来当時軒別増減による家数は,宝永年間45軒・天明3年103軒・嘉永元年117軒(県史9)。文久元年の家数126軒(うち給人郷士35)・人数749,馬11(奥相志)。「奥相志」には「南に広原有り 散馬逐原なり 南北の街道有り,村駅を原の町と曰ふ。人民頗る繁庶なり」とある。原の町宿は奥州浜街道の宿駅の1つであり,また相馬藩最大の行事である相馬野馬追が行なわれる雲雀ケ原を背後に控えて発達した。正保2年には中郷の陣屋が設けられ,会所・代官屋敷・槍砲演武場・学問場である庶政堂が立ち並びにぎわいをみせた。陣屋内には慶長11年相馬義胤が野馬追の安全を祈願して建立した相馬氏の守護神妙見尊が安置されている。なお明治以後初発神社と改称された。ほかに薬師12神・山王権現・牛頭天王,町内の火防を祈願する秋葉神社を合祀する三島神社がある。寺院は曹洞宗松山寺・本山派修験三島山薬師寺大寿院・日光院派修験東寿院。明治2年に中郷の郷学校継善館が開校された。磐前【いわさき】県を経て明治9年福島県に所属。戸数・人口は,明治13年163・1,093(県統計書),同20年276・1,499。明治12年行方郡に属し,同22年原町村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7270410
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ