ケータイ辞書JLogosロゴ 宮在家村(近世)


福島県>喜多方市

江戸期〜明治8年の村名会津地方北部,濁川西岸に位置する耶麻【やま】郡のうち古くは新宮荘に属したという会津藩領慶徳組に属す中心集落は新町【あらまち】と呼ばれるが,これは近世初期,村北の見頃村の南部から移住した人々が,集落を形成したと伝える村高は,文禄3年の蒲生高目録では480石余,文化15年の村日記(県史10下)では645石余,「天保郷帳」666石余,「旧高旧領」657石余小名に下在家・小原【こばら】,端村に牛尾がある化政期の家数は本村35軒・下在家10軒・小原6軒・牛尾2軒(新編会津)神社は腰王神社(古四王神社)寺院は同社の別当の本山派修験大重院ほかに曹洞宗腰王山長伝寺がある村の北部に新宮・加納両荘の界塚であると伝える界塚がある(新編会津)明治8年松野村と合併して松舞家【まつまいけ】村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7270474
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ